2007年07月26日
現在派遣先には、前職での私の同期が3人いると以前書いた(同期)が・・・一昨日(の記事で)出て来たのがその内の1人。
確か今年の途中から人事課長となり、活躍しているようだ(^^
(今なら派遣社員の“顔合わせ”に同席しているかも!?)

前職場にいる同期たちはどうしているだろう?とふと思った。
派遣元営業(これまた元同僚)から時々情報は入るものの、何となく前職の企業HPを見てみると・・・いたいた!
「先輩紹介・職種情報」というところに、2人(6人中)もいた(^^
(他の4人も、1コ下の後輩だったり、顔見知りだったりする。)

Voice.jpg

・・・老けた?(笑) (いや、失礼・・・お互い様か・・・^^ゞ)
1人は、もう2年くらい前から課長職、もう1人も・・・いわゆる管理ポストにいるようだ。もちろんそれなりの能力が無いとなれないが、だんだんと管理する側を任される年代になってきたのだね。。

(元)同期の活躍を聞いたりすると、離れていても近く(派遣先)でも、素直に嬉しいものだ(^^
管理職、私は絶対にやりたくない(というかなれない?)と思っていたので、立場を比べる気も無いし、仕事(技術)に没頭できる今の環境も必然だったか?と(今のところ)楽観的なものである(^^ゞ

この先の不透明感すらも、可能性の拡がりと捉えられるといいね。。(現実ハ厳シイコトガ多イダロウケドネ。^^;)

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年05月07日
今日発売の「psiko」という雑誌を買った。
思いっきり女性誌の部類なので、ちょっと恥ずかしかったが(^^ゞ
お目当ては“psikojournal”・・・「派遣」という選択。
今回、元OL派遣社員のおねえさんの、取材記事が載っているのだ(^^

私が2年と少し前に派遣社員になった時、「派遣」については何も知らない状態であった(^^;
いざ派遣社員としてスタートを切り、「派遣」について無知のままではいかん、と「派遣」について色々と調べ始めた。
そこでまず、見付けたのが「poco a poco」というサイトだった。
(当時)同じ特定派遣として働く管理人しげさんの思いに共感すること多々あり、もちろん今でもお世話になっている(^^

一方、女性の立場では?という思いから見付けたのが、「元OL派遣社員のおねえさん」のサイトだった。
サイトカテゴリはもちろん、派遣相談掲示板でのおねえさんのとても丁寧かつ的確な対応に、すぐにファンとなった(^^ゞ
それからも色々な伝手を通じて、「派遣」仲間は増えつつあるわーい(嬉しい顔)

派遣」という選択をするには、様々な理由があるだろう。
・そのメリットを活かすために自ら望んで?
・いずれ正社員を目指して?
・それとも就職難や成り行き・・・?
私の場合、(少なくとも)やればやっただけ、という認識しか持ち合わせていなかったので、成り行きと言えようか!?
しかし、まずは「派遣」について知ることと、実際に派遣社員として2年以上過ごしてきた中で、自分に適した働き方だと思っている。

また一方で、たまたま今は派遣元、派遣先(職場)に恵まれただけかもしれない、という危惧も持っている。
「派遣」に関する整備は、まだまだ発展途上と言えるだろうし、今後もずっと今のままでいられるとは考えていない。
自分というものをいかに保つか、そして必要とされる(求められる)人であり続けることの努力、とそれなりに色々と考えている(^^;

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking

おねえさんの考えや、将来目指しているもの(目標)、よく分かりました(^^/
タグ:派遣
posted by 凡マル at 23:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年04月10日
派遣サイクルマークがリニューアルした。
このサイトは、TB企画などを打ち出してくれるsiroさんが管理しており、そのコンセプト(活動主旨)は・・・

(以下サイト抜粋) **********
派遣サイクルマークは派遣業界の向上を願ったシンボルマークです。
派遣のトライアングル(派遣会社・派遣先企業・派遣スタッフ)が、リサイクルマークのような、良い循環を無限大に行い、業界全体の立場や精神が向上していくことを願って、このマークは生まれました。

活動内容は難しいことではありません。
自分が派遣を想うほんのちょっとした気持ちが、良いサイクルに繋がっていくということを意識してみて下さい。

そこから少しずつ、サイクルが始まります。最初はとても小さな活動かもしれませんが、ひとりひとりが意識すること、それだけで変わっていくことは沢山あります。
「小さな活動・大きなサイクル」これが派遣サイクルマークです。
******************************

派遣サイクルマーク


いつか記事内で紹介したいと思いつつ・・・(^^ゞ
※siroさん、引用させて頂きました。m(_ _)m

“(派遣の)横の繋がり” を作る架け橋のひとつとして、興味のある方はぜひ覗いてみて頂ければと思います。

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年04月03日
昨日、何かのニュースで見たのだが、非正規労働(有期契約や派遣労働)の広がりは、日本だけではないようだ。
「将来の生活設計が描けない」、「失業の危険が大きい」 といった、労働側にとって厳しい状況であることは、何ら変わらない。
様々な不安・問題を抱えつつも、企業側がその労働形態に頼っているという事実もある。。

同一労働同一賃金が進められているところでは、正規社員より高い収入が得られる場合もあるが、主に若年層に限られる。
現実的な格差は、(とある大手企業で)20%に及ぶということだ。
雇用情勢が改善した(失業率が下がった)といっても、新規雇用の多くが“非正規”であり、「むしろ不安定雇用の問題は深刻化している」 と、その記事は締めくくられていた。

********************

確かに今までに無い状況だから、予想もできないような“深刻な問題”を含んでいるかもしれない。
それでも、社会も個々も、色々変化している最中なのだと思う。
(変化というか順応というか。)
また、今後の“格差”については、“正規”、“非正規”に限らず、表れてくる現象だろう。

まるで見当外れの“少子化対策”と同じ?
“非正規”だけの問題で締めくくっていいのかい?

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年04月02日
今週(今日)から4月、新年度の始まりである。そんな日に・・・
やってしまいました、派遣生活3年目にして、初遅刻(-_-;
5分遅れた程度であるが、課の朝会は当然終わっており・・・苦笑いするしかない(^_^;

いつも通りに家を出発し、会社まで後5分、というポイントも予定通り通過。そこから・・・大渋滞!20分くらい掛かった・・・がく〜(落胆した顔)
何故?4月だから?・・・そんなことを考えても、焦ってみても、間に合わないものは間に合わない。ま、そんな日もある・・・(^^ゞ
(言い訳&開き直り!)

遅刻や早退の場合、当然その時間分は欠勤(不就労)時間となる。
派遣先ではシステム上15分刻みの入力となるので、今日は15分の欠勤扱いとなり、その分の時給が引かれる。
(ちなみに本日の残業時間は3.5hなり・・・十分挽回!?)

用事があれば、10時出社(遅刻)とか、3時早退とか、前もって伝えておけば、派遣社員でも問題なくそうすることもできる。
欠勤扱いになるとは言え、有給を使うほどではない(使いたくない)場合とか、結構便利であるが・・・
派遣社員という立場上、言うまでもなく時間だけは守るべきであり、今日の遅刻は失態に他ならない。。

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking

派遣元からの「皆勤賞」、月初にして権利消滅・・・もうやだ〜(悲しい顔)(イタタッ)
posted by 凡マル at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年02月16日
私の派遣先では、従業員の約1/3を派遣社員が占める・・・と以前書いたが、その内訳を調べると“派遣”の特徴が見えてくる。
残念ながら“良い”特徴ではない。

私は開発部門(某)技術部(某)技術課に属するのだが、同じ開発部門の中でも、派遣社員がひとりも在籍しない課がある。
開発技術である以上、その守秘性は対外部に対して非常に高いものがあり、私の所属する部署もその類であることは間違いない。
では派遣社員がいない部署とは・・・技術の中でも、その中枢の部分を担う部署である。

やはりそういう部署は正社員で固めている。
どうしてもその部署に入りたければ(その仕事をしたければ)、正社員になるしかない。
(もしくはコンサルできるくらいの技術力を身に付けるか・・・?)

社員であっても退職・転職する可能性(自由)はある。
とは言え、正社員と派遣社員の立場の違いは明確だ。
もしかしたら、正社員であってもそういう部署に配属される際には、更に厳しい誓約を会社と交わす必要があるのかもしれないが・・・定かではない。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年02月09日
技術系の部署にありがちだろうか、朝会に全員が揃うことはほとんどない。
今の派遣先で朝会をやるようになったのは、ちょうど1年くらい前からだと思うが、その前後で朝定時の出社率が上がったかというと・・・最初の2、3日だけであった(苦笑)

朝会の出席者が、課長と派遣社員のみ、という日もある。
特にフレックス制度があるわけではなく、半日に満たない遅刻(早退)の場合、社員は1/4有給として申告する。
派遣社員はもちろん“不就労”となり、その分の給与は出ない。
また派遣会社によっては、遅刻や早退が多いと、“時給”を下げられたりすることもあるようだ。
(以前、有給を使うと時給が下がる、と聞いたこともある・・・。)

いずれにしても、派遣社員は時間にシビアにならざるをえない。
(というより、社会人として時間を守ることは基本中の基本。)
今の状態が黙認されているのはいかがなものか?とも思うが、やはりここで“立場”の違いが出てくるし、会社によりけりだ。
(戒めるかどうかは会社が決めること。)
本人の意識が変わらないか、周囲の状況が激しく変わらない限り、もうムリな話なのだろう。

少なくとも遅刻は、“良い”はずはない。
だがむしろ、会社にはそれ(遅刻黙認)くらいの余裕があって欲しい、とも思っている。社会人になってまで、何でもギチギチにされるのは“まっぴら”だし、人に迷惑を掛けない範囲であれば、ある程度自由でいいのでは、と。
社員の遅刻は会社の余裕の表れ、と私は割り切って(黙認して)いるのだが・・・人や部署によって、受け止め方も様々だろうな。。。
(管理部署がコレでは、会社が成り立たないだろうし。)

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年02月01日
昨日“派遣茶”という言葉をいきなり使ったので、ちょっと紹介を。

派遣茶とは・・・人材派遣特化型のSNS、つまり派遣に関するクチコミ情報コミュニティである。
面白いのは、派遣スタッフさんだけでなく、派遣会社の方(コーディネーターさんなど)が、一緒に参加しているところだ。
また派遣に関心のある人であれば、正社員の人でも、これから働こうとしている人でも、実際に参加されているので、実に様々な情報を“クチコミ”で聞くことができる。
人材派遣の仕事情報も豊富にあり、登録(参加)しなくても一部内容を見ることができるので、興味のある方はぜひ訪問あれ。


新規登録には、既に派遣茶を利用している人からの招待メールを受け取るか、派遣ネット会員になる必要あり。
私でよければ招待いたしますし、私の“お気に入り(派遣編)”の方たちも紹介していますので、お気軽にどうぞ。
ちなみに私は、派遣バイブル的にいつも見ていた「poco a poco」の管理人さんより、招待して頂きました(^^

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年01月31日
派遣茶友でもある“健康志向で派遣社員!”のsiroさんが、TB企画なるものを立ててくれたので、私の場合について・・・(^^

TB企画*派遣に関わる5の質問(派遣スタッフ編)

TB01.gif


1.派遣社員になった経緯は?
正社員として13年間働いていた会社で、自分の所属する部門が同業大手に売却されるという、“事件”があった。
ただ、会社自体はその数年前から米投資会社に再建のための株式買収をされていたので、自分の中である程度予想はしていた。
同じ仕事を続けるには、売却先の会社へ行くことになる(中部⇒関西)が、家族や自分の主観を優先し、辞めることを即決。
この会社の元同僚が、派遣会社を設立したことを辞める前に聞いていたが、すぐに知り合いを頼るのもどうかと思い、しばらくは自分ひとりで探してみたが・・・現実は厳しいものであった(--;
最終的にこの知り合いを頼ることにした訳だが、それは間違いではなかったと強く思っている。

2.派遣社員になる前の「派遣」のイメージは?
もともといた会社では、社員・パート・外注という区分けしかなかった(たぶん)ので、“派遣”という言葉すら浸透していなかった。
この“外注”さんが“派遣”に相当すると思われるが、数も少なく、これといったイメージを全く持っていなかった。
今の派遣会社に入る前、短期バイトをしていたときに、初めて「派遣さん」と呼ばれた。「アルバイト・パート」をひっくるめて「派遣」と呼ぶようになったのかなぁ、というくらいにしか思わず、「アルバイト」の延長みたいなイメージであった。

3.派遣社員になった後の「派遣」のイメージは?
仕事は正社員でも派遣社員でも遜色なくこなしているが、何かにつけて一線は感じる。その受け止め方は人によるところであるが、そもそもの立場が違うに過ぎないので、比べる必要もない。
ただ、責任の大きさの違いは明確で、正社員であれば会社としての責任、派遣社員であれば個人としての責任が、それぞれに大きいと思う。何かあればすぐに切られる、という点から、「安定(定職)」というイメージを持たない人の方が多いと思うが、正社員であれ会社がなくなるという実体験をしている私にとっては、あまり変わらない、というのが最終的なイメージか。

4.登録している派遣会社は何社?
自分で探して登録したのが2社。今の元同僚が代表を勤める派遣会社と合わせると、一応3社。
前者(2社)の対応は、お世辞にも良かったとは言えず、とても信頼関係を築けるにまでは至らなかった。

5.今現在、派遣社員である自分に満足している?
とても満足。なって(やって)みないと分からない、という面は何にしてもあるが、自分の視野が大いに拡がった。
やればやっただけ、を(いい意味で)実感でき、常に第三者的立場でいられることが、特に気に入っている。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
タグ:派遣
posted by 凡マル at 23:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年01月16日
昨日に続き、私の派遣先の地元色が濃くなるような記事であるが、実は私の同級生(同じクラス・科だった人)も3人いる。

それぞれ、中学・高校・大学の時の同級生だ。
もしかしたら、探せばもっといるかもしれない。
何せ、中学の時の同級生は、私が派遣されて1年半が過ぎたころ、偶然見付けたのだ。

これまた皆、正社員である。
しかも、卒業後すぐの就職先がこの派遣先になるので、もう15〜16年もいることになる。
中学卒業以来となると・・・21年振りexclamation&question(よく分かったなぁ・・・)

残念ながら、皆仕事上関係する部署ではないが、派遣先での私の人的環境は、最初から結構な繋がりを持つものであった(^^
これは非常に大きいアドバンテージだ。
現派遣元の同僚たち、前職の元同僚たち、そして同級生たち。
派遣先のあらゆる部署に知り合いが散らばっているので、立場云々の以前に、非常に助かっているのであるわーい(嬉しい顔)

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2007年01月15日
私の場合、派遣元の代表と営業(兼取締役)が前職の元同僚、と一般的な派遣雇用(関係)とはちょっと異質かもしれない。
また派遣先においても、実は前職の同僚が10人以上いる。
しかも・・・その内3人が元同期である。

この3人の同期たちは、それぞれ5〜6年ほど前に転職し、正社員として私の派遣先に採用されている。
更にこの内2人とは、仕事上の関わりを持つ関係にあり、電話なり
顔を付き合わせるなりすることもよくある。
立場は違ってしまったが、そこは元同期・・・とてもやり易いわーい(嬉しい顔)

事前にいることを知っていたのが1人。
たまたま派遣先で遭遇し、「アレ、何でいるの?」というのが1人。
向こうから見付けられ、突然「お久しぶりメール」が来たのが1人。
ここまで元同期が揃うとは、思ってもいなかった(^^ゞ
(私の場合、こういった環境にもだいぶ恵まれた。)

単に同期というだけで、一緒にいることが多かったり、ライバルとして切磋琢磨するよき相手となる。
派遣の場合、なかなか同期と呼べる相手はいないかもしれないが、年齢や部署・立場を越えて、競うべきよき相手を見付けることで、仕事に対してより前向きになれると思う。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2006年12月27日
基本的に、派遣社員ひとりに仕事を任される、ということは少ない。
(注:大きいイミで。) ひとりで出張、というのもまず無い。

それは 「仕事ができる/できない」 の違いではなく、派遣先の、『会社としての責任』 という観点からだろう。

派遣社員とはいえ、社員と遜色ないか、それ以上の仕事をこなしている人も大勢いる。仕事自体を一任されるような人だっている。
だが必ずどこかに一線はあると思う。
責任』 の大きさ(重さ)は、はっきり言って大差がある。

逆に、個人としての 『責任』 は、派遣社員の方が大きい(重い)と思う。派遣先に守られることなど、まず期待しない方がいい。
あくまで誠実に、常にスキルアップなどの努力をし続ける姿勢が、いちばんに必要であろう。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2006年12月12日
以前にも書いたが、派遣先は派遣社員の占める割合が結構多い
ところなので、“派遣”に関する制度みたいなものがとてもしっかりしており、その点においてはとても居やすいところだ。

一方、前職は社員がほとんどを占める会社であり、“派遣社員”という言葉すら浸透していないような環境だったので、そのギャップが最初は違和感として、そして徐々に普通のことなのだと感じられるようになった。

ひとつの会社で働いていると、周囲が見えないというか、見ないようにしていたというか、知らないことがかなり多かったことに気付く。
属する会社がある意味“全て”であり、そこから飛び出すことの方がおかしいとすら思っていたかもしれない。

会社を飛び出してみるのも、思ったより悪くない。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2006年12月11日
私の派遣(配属)された部署は、課長を除いて当時36歳の私より皆年下という、非常に年齢層の若い部署だ。
しかもその半数以上が20代であり、うまくやっていけるかなぁ?という不安が半分、そして若い人たちと一緒に仕事ができる、という楽しみ(喜び)が半分であった。

私が主に一緒に仕事をする(教えてくれる)人は、10歳年下
入社4年目、一通りの仕事はこなせるくらいの時期だろうか。
この人が実に良い。
仕事の教え方(振り方)はとても上手いとは言えないが、訳の分からない状況の自分にとって、とても丁寧に接してくれたので、自分のペースで仕事を理解し、進めることができたのだ。
年下とはいえ、当然仕事上は先輩。こちらも精一杯、誠意をもって臨むことで、“今の自分”を確立していくことができたのだと思う。

また新入社員として配属される人ほど、手取り足取り教えてくれる、ということはなく、そういう状況も、自分にとってはであった。
(逆に若い派遣社員の人は、そこでちょっとつまずくことがあるかもしれない・・・。自分からどんどん吸収する、という意識を早くもつように切り替えないと、いずれにしても社員ほどの余裕はない。。。)

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2006年12月07日
正社員であっても派遣社員であっても、やはり人間関係がいちばん利いてくるし、難しい・・・。
派遣社員であれば、基本的に人手不足の部署に配属される訳だが、毎日と、その先々まで左右されかねない、まさに一発勝負・・・もとい、めぐり合わせなのだ。

そういえば、前職でとても苦手な人がいた。
同じ部署ではないが、仕事の工程上、避けて通ることのできない関門だ。面と向かって怒鳴られ、電話口で怒鳴られ、まだ1、2年目の新人にとっては大いに脅威であり、会社へ行くのが嫌になったものだ。
でもちょっとくやしい。逃げ場がないのなら、立ち向かうしかない。
当時は、とにかく“足でかせぐ”ことにした。
些細な用事であっても、その人の席まで足を運んだ。
しつこいくらいに、ほとんど毎日のように、休憩場所にまで追いかけてつかまえた。

そうすることで、自分に“免疫”がつき始めた。
(同時に、その人の態度は軟化していった。)
その人のおかげで、他の人にちょっと怒られたくらいでは動じなくなった。(・・・怒られるのは問題であるが、あくまでいい意味で。)

今の自分の基盤として、結構役に立っていたりする出来事だ。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2006年12月05日
(昨日の記事を一部見直し)

派遣社員でいる以上、正社員との一線を感じることは多い。
が、それはしごく当たり前のことで、最初から立場が違う、ということに過ぎない。

能力でも優劣でもなく、単に意識の問題ではないかと思う。

いずれの立場であっても、この人は○○が詳しい、この人は決して妥協しない、という個性のようなものが、必要とされているようだ。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
2006年12月04日
派遣先は割と大きなメーカーであり、派遣社員が全体の約1/3を占める。・・・“派遣”という認識が嫌でも上がる環境である。

正社員/派遣社員ともにそれぞれメリット/デメリットはあるが、自分としては“派遣”が結構合っていると思う。
派遣先に属する訳ではない、第三者的客観的立場でいられることが、特に気に入っている。
(“無責任”という意味ではない・・・念のため。)

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。