2007年03月14日
今日は定時退社の日でもあり、早く帰った。
tmの爪が伸びていたので切っていると、こんなことを言っていた。
「ママ、tmの爪を切る音聞こえる?自分の耳では聞こえるけど、人の耳には聞こえないものって、あるよね・・・?」 
「そんなのないでしょ。」と私。何のことかと思いきや・・・(続きへ)

さて、この時期必要な人は「確定申告」の真っ最中であろう。
私は家を建てた時、前職を辞めた時の2回ほどしか経験がないが・・・終えてしまえば、結構あっけないものだった気がする。

昨日に続き、ちょっと「」のこと。
今年から定率減税が廃止されるなど、負担が増えるばかりでどうなることやら、といった感じであるが、まず、目で見えて変わるのは、国税(所得税)と地方税(住民税)である。
基本的に全体の税負担は変わらないが、その割合が変わった。
一般的には・・・今年の1月から所得税は減り、6月から住民税が増えることになる。

私の場合、所得税は給与天引き、住民税は自分で納める形だ。
なので・・・給与が(所得税減率の分)増えたのは「気のせい」で、来たる住民税の(一括)支払いに備えて、別枠で貯えておく必要がある。

ひと言、「めんどくさ・・・ちっ(怒った顔)

両方とも天引きされている人は、これまでと(合計では)何ら変わっていない、ということになるのかな?
自営業の人は、住民税が増え、最後に所得税の負担が減る、という感覚になるだろうか。。。
地方分権を進める、ということでこの変更が行われた。
市町村合併なども行われてきたが・・・何かしらの恩恵を感じるどころか、改悪が目立ってしょうがないこの頃・・・ふらふら(ボヤキ)

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking

続きを読む


posted by 凡マル at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2007年03月13日
私の社会保険(健康保険・厚生年金)は、下記の通り決まる。

(1)毎年、4、5、6月の給料の平均で、報酬月額が決まる。
   給料=基本給+交通費
   基本給=派遣先売上×0.6 (私は派遣元の契約社員)
   平均額=○○円
   ※報酬月額・・・円以上〜円未満

(2)報酬月額より標準報酬の等級が決まり、保険料額が決まる。
   ※介護保険は40歳以上が対象なのでまだ対象外。

(3)保険料の変更は9月から1年間。

という訳で、実際は3、4、5月に働いた分の給料で決まることになり、今月分もそれに含まれる。
等級1つ分は月額にして3万円の範囲があり、保険料としては3300円程度の負担が増減する。

最初の1年で2等級上がったのだが・・・これは当初の(派遣元の)設定(計算)が間違っていたようだ。
月額にして6600円の負担増は痛かったな・・・(>_<)
(それとも、低い等級期間がラッキーだった、とも言える!?)

この時期、なるべく等級を変えたくないのであれば、主に残業調整を自分で行う。
平均なので、3ヶ月かけて調整すればいいのだが、仕事の忙しさの波を見極める必要があり、後になるほど難しい。
正社員時代、こんな調整は少しも考えていなかったのだが・・・皆調整しているものなのだろうか・・・?

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月30日
35歳で13年間勤めた会社を辞め、36歳で派遣社員となった。
35歳”。・・・ギリギリ何とかなるだろうと漠然と考えていた。

派遣社員の“35歳定年説”というのはよく聞かれる話であるが、実際はどうなのだろう・・・?
特定と一般とではもちろん違うかもしれないが、今ほど“派遣”として働く人が増えた状況において、今後の行き先は一派遣社員としても大変興味があるところだ。

果たして自分が何歳まで“派遣”として働く(働ける)のか分からないが、「自分はまだまだ色んなことができる!」という思いを持ち続ける限り、年齢はさほど気にならないはずだ。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月29日
ボーナス商戦の広告など、少し前から賑わい始めた。
「契約条件」の記事でも書いたが、自分は完全な時間給なのでボーナスはない。この時期は周囲が騒ぐのでちょっと寂しかったりする。

派遣会社によって、その給与システムは様々である。
自分のように時間給のところもあれば、月に決まった基本給+ボーナスといったところもある。
ただ、派遣の場合は派遣先会社の収益が良かろうと悪かろうと、あまり関係がない。(目立って増減することはない。)
派遣先から派遣元へ支払われる金額は契約通り一定だからだ。
(会社が派遣を雇ういちばんの理由はその辺りだろう。)

また、複数の派遣先へ出向させている派遣会社であれば、平均化することもある。派遣先によって条件単価)の差はどうしてもあるので、その不公平さをなくすためだ。

月々の給与と同様に、ボーナスにも派遣会社による格差が見られ、喜ぶ人、不満がる人、はたまた自分の様に関係ない人、に住み分けられる。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月28日
正社員にしろ、派遣社員にしろ、給与のベースとなるものがある。

正社員であれば年齢給であったり、職能給であったり、成果給であったりする。
一方派遣社員は、派遣先から派遣元へ支払われる“単価”が、絶対的なベースとなり、その“何割”かを給与として頂くことになる。

派遣会社選びが重要である理由のひとつに、この“単価”、そしてその“何割”かがある。
全く同じ年代・スキル・仕事内容であったとしても、派遣会社による格差は実際にあるのだ。もっと言えば、同じ派遣会社であったとしても、差があったり、明確に見えなかったりする。

仮に時間給として100円の差があれば、それだけで月間2万円近くもの差になり得る。
(8時間×20日×100円=16000円、残業を入れると更に・・・)

派遣社員が自分の給与を言ったり、人の給与を聞いたりするのはある意味タブーであるが、働き始めてから自ずと耳に入ったりするので、契約前に明確な情報を聞き出す努力を惜しむなかれ。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月27日
仕事探しで重要視するのは?
・・・自分もそうであったが、まず仕事内容(職種)であろう。
そこに、給与や勤務先などの条件面を当てはめて考えることが多いのではないかと思う。

実際に派遣社員として働き出してから気付いたこと。
派遣会社選びはとても重要である、ということ。
・・・当たり前?
でも今現在のように、これほど多くの派遣会社が存在する環境の中で、皆どうやって派遣会社を選択しているのだろう?
最初から“短期”と決めていれば、ある程度割り切れる面もあるかもしれないが、後々まで色んなことを左右されるのは間違いない。

自分は最終的に知り合い(元同僚)の派遣元に雇ってもらった訳だが、それ以前は「何となく」で決めていた気がする。
そもそも自社の悪いところをアピールする会社はない。

口コミ”とか、そういう面からのアプローチが結構大切かも。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月25日
派遣元から真っ先に言われたことを思い出した。
「ここ(派遣元)を終の棲家にするのではなく、次のステップとして利用して下さい。」

実際、一旦ここ(派遣元)に入り、それから独立した人もいる。
自分自身、次の目標・目的はまだ決まっていない。
それでも今は、新しい分野の知識・経験を得るべく、少なくとも3年間はここで頑張ってみようと思っている。

3年後、ここ(派遣先)で必要とされる人間になっていることが強いて言えば今の目標というか、言い替えれば逆に自分に課せられた“条件”ということになろうか。

posted by 凡マル at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月23日
派遣社員といっても、収入面では退職金なしを考慮しても前職と遜色ないか、それ以上なので、今のところ困ることはない。
が、いつまでここにいるか(いられるか)という不安は常に残る。

それともうひとつ。いつまで健康でいられるかだ。
派遣社員となっていちばん大事なのは、資本となる自分の体であることを日々、実感している。
有給もあるので、風邪で1〜2日くらい休んでもそれくらいは大丈夫であるが、入院などした日には間違いなく収入は「0」となる。
まぁ、派遣でなくても誰でもそういう心配はあるだろう・・・。

そういう意味でも、収入の柱は複数あるに限る。
今は無くても、準備をすること、追求し続けることの努力と見極めが、今後ますます必要になってくるのではないだろうか・・・。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月21日
派遣元の社員となり、派遣先に常勤するタイプの方が特定では多いかもしれない。
その場合だと、毎月決まった基本給に残業代がプラスされ、ボーナス・退職金ありとなるようだ。(普通の会社と同じ)
月々の収入がある程度安定し、大きな増減はあまり無い。

一方、時間給だと「やればやっただけ」なので、特に5月分は収入が激減する。・・・ゴールデンウィークだ!
多いときで5日分の差が発生し、当然残業時間も比較的少なくなるので、今年は前後月で・・・10万以上差がついた!

自分としては・・・今の時間給が気に入っている。
何よりはっきりしているので、「やればやっただけ」を毎日実感できる。(時間面での「やればやっただけ」である・・・念のため。)
つまり、その日の派遣稼ぎがすぐ分かるのだ。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
2006年11月20日
派遣元の契約社員という立場になった。
主な契約条件は下記の通り。

●完全な時間給
 (派遣先が派遣元に支払う金額の6割を頂いている。)
●残業は基本時給の1.25倍、深夜は1.5倍
 (これは普通・・・かな。)
●ボーナス・退職金なし
 (時間給に含まれる。ボーナス時期はちょっと寂しい・・・ふらふら
●通勤手当あり
 (片道20kmあるのでこれは最低限必要車(セダン)
●有給あり
 (上限は未確認。これも確認しないと・・・今頃!?
●各種保険あり
 (住民税だけは個人払い。小さい会社ならでは?)
●皆勤賞あり
 (最近できた。結構ありがたいわーい(嬉しい顔)

以前にも書いたが、最初から“信頼”があったので、色々な条件面は後から付いてきた、というか、あまり確認もしなかった。
(本当は良くないことだろうが・・・)
とにもかくにも“派遣”について色々調べ出したのは、実際に派遣社員として働き始めるようになってから、のスタートである。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking
posted by 凡マル at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。