2008年05月26日
先週の土曜日、小学校の授業参観があった。
毎年この時期に行われるのだが、今年は2人分・・・いや今年から当分の間、小学校行事は2人分である(^^;

いつも途中で面倒になるのだが、数えてみると・・・
●小学校自体に子供たちが通うのは、15年間。
●2人が同時に通うのは、9年間。
まだ3年ちょっとか・・・先は長いな(笑)

以前から(育児について)よく参考にさせて頂いている優月さんのメルマガに、ちょうど保育参観のことが書いてあり、『親』というより『監察者』になっていないか?という点を今回注意してみた。

要は、子供の出来・不出来を監察するだけになっていないか?
(厳しく目が光っていないか?<笑>)、ということ。
確かに笑顔もなくただじーっと見られていては、子供にとってプレッシャーなだけであろうし、せっかくの授業参観が、子供の出来・不出来のチェックだけで終わってしまっては、もったいない。

ちなみに一緒に行ったかみさんを『観察』してみると・・・こちらは予想通り、他のお母さん方との雑談に華(?)が咲いていた(笑)

tmは算数の授業。
さすがに1年生の教室は元気がいい(^^
袋に決められた数の飴やお菓子(最後にお土産で貰える)を入れ、そこから何個か取り出すと、残りはいくつ?というもの。

0524_tm.jpg

最初は全員で、そして個別に、隣の席の子とじゃんけんで勝った方が先に取り出す役をする。するとtmが2回とも勝ってしまった・・・喜んで2回ともやるだろうなぁと見ていると、2回目の取り出しは隣の子に譲っていた。「そんなこともできるんだ〜」と、感心したよ(^^

姿勢が悪かったり、上履きの踵を踏んだり、下着が出ていたり・・・はさすがにその場でちょっとだけ注意したが、家での様子がそのまま出てしまうのだろうな、きっと(^^;;

yrも算数の授業であった。
4年生ともなると、授業中は静かなものだ。
厚紙にコンパスで円を描き、好きな色を塗って切り取り、爪楊枝を挿してコマを作っていた。手裏剣みたいな形にした子もいた。

0524_yr.jpg

時間内に出来る子もいれば、出来ない子もいる・・・yrは後者(^^;
その点は何も言わず、特に手伝いもしなかった。
時間は掛かるが(時間を気にしない性格?だが)、小学校に来てまで口を出すことはないだろう、と思ったのだ。

その分?、色を一生懸命塗っていた。壁に貼ってある友達同士を紹介する文でも、「yrさんは字と絵が上手」と書いてあった。
昔からお絵描きや塗り絵が好きなyr、その辺は変わっていない。
朝の学校へ行く時間だけは、気にして欲しいけど(苦笑)

子供の成長を見付けるのは嬉しいものであり、変わらないところを見付けるのもまた然り、と言ったところか(^^

とにかく色んな性格の子供たちがおり、その中で協力したり、反発したり、我慢したり、自分なりにバランスを取って生活できていれば、まずはそれでいいだろう。そして家では、ちょっとだけ本音を漏らしてくれれば・・・tmは漏らし過ぎか?(笑)

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking



posted by 凡マル at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。