2008年03月04日
派遣元より、住宅取得に関わる住民税の特別控除について、連絡があった。市役所に「住宅借入金等特別税額控除申告書」を提出すれば、住民税が“安くなる”というものであった。
税源移譲の影響がこんな所にも出ていたとは・・・知らなかった。

市のサイトを確認してみると、『所得税から住宅ローン控除額を引ききれなかった方へ』 とある。『控除できる額が減る場合がある』 に該当するようなので、『翌年度の住民税から控除できる』 らしい。
昨年、散々苦悩?した住民税、今年は少し減額されそうだ(^o^)

非常にありがたいが、税に関してあまり無知でも困るなぁ、と感じた。だいたい減税に関しては、行政から積極的に通知なりが来ることはないような気がする。提出期間:1月4日〜3月17日に対し、知ったのは昨日のことである(-_-;

気を取り直して・・・市役所の税務課にいる中学時代の同級生にちょっと聞いてみた。mnの出生届を提出する際、久しぶりに再開した彼、「市役所関係のことで何かあったら、何でも言ってくれ。」と言われていたのを思い出し、早速(^^;

●住宅ローンの年末残高が確認できる書類が必要?
  ⇒ 不要。源泉徴収票の原本だけあればよい。
●提出は本人が行かないとだめ?
  ⇒ 本人でなくてもいい。委任状も不要。

申請書は派遣元(会計事務所)で全部埋めて郵送してくれる、ということで、非常に楽に本件の段取りは終了(^^v
(ちなみに金額的には・・・2割強くらい減額される。)

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking



posted by 凡マル at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/条件・収入
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。