2007年04月15日
土曜日のこと、3年振りくらいに歯医者へ行った。
小学生の頃(30年前<笑>)から診てもらっている歯医者で、保育園の指定歯科でもあり、親子でお世話になっている先生だ(^^
今回は、銀をつめている奥歯の外側、しかも歯茎に近い部分が少し欠けてしまったため。
「治療し難い場所だろうなぁ」と、少々の不安を感じつつ。。

治療する場所を確認後、先生が衛生士さんと話し始めた。
「この場所は○○(の治療)ができないから、△△をやる。」
(やっぱりやり難い場所なんだな・・・)
少し削った後、ひと言、「電気メス!」
がく〜(落胆した顔)・・・電気メスって、電気メスですか!?・・・動揺中 ^^;)
そして麻酔が打たれ、痛いとも熱いとも、何とも嫌な感覚が・・・もうやだ〜(悲しい顔)
何かの焦げた臭いが漂い、「あぁ、焼かれている・・・聞き間違いではなかったんだなぁ。」と、初めての感覚に冷や汗が出た(>_<)

30年近く通い、親知らずを抜くときは(本物の)メスで切られ、縫われもしたこともあるが、久しぶりにビビッた(笑)
ちなみに、親知らずは4本とも既に抜いている。かなりやっかいな治療だったので、それ以上に嫌な(大変な)ことはないだろうと思っていたのだが、今回ばかりは聞き慣れない言葉に焦った(^^;
すぐに詰め物がされ、(電気メス後が)どんな状態だったかを確認する(精神的)余裕もなく無事終了。

さて会計は・・・何と無料だった(^^
付き合いが長い(?)せいか、この先生、よく無料にしてくれる。
実は1週間前にも行ったのだが、インプラントの手術中で、チラッと確認するだけで治療できなかった、というのもあるかもしれない。
歩いても行けるような場所なので、こちらとしては出直しても全然構わなかったのだが、よく気を利かせてくれるのだ(^^

ヨロシクです(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking

ある意味、“プロ意識”なのか?ともふと考えた。
仕事に対する“責任”を意識しているからこそ、無償にする場合が、実際どの会社でもよくあることだったりする。。
(それと同じにしてよいかどうかは・・・? ^^;)



posted by 凡マル at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。