2007年02月09日
技術系の部署にありがちだろうか、朝会に全員が揃うことはほとんどない。
今の派遣先で朝会をやるようになったのは、ちょうど1年くらい前からだと思うが、その前後で朝定時の出社率が上がったかというと・・・最初の2、3日だけであった(苦笑)

朝会の出席者が、課長と派遣社員のみ、という日もある。
特にフレックス制度があるわけではなく、半日に満たない遅刻(早退)の場合、社員は1/4有給として申告する。
派遣社員はもちろん“不就労”となり、その分の給与は出ない。
また派遣会社によっては、遅刻や早退が多いと、“時給”を下げられたりすることもあるようだ。
(以前、有給を使うと時給が下がる、と聞いたこともある・・・。)

いずれにしても、派遣社員は時間にシビアにならざるをえない。
(というより、社会人として時間を守ることは基本中の基本。)
今の状態が黙認されているのはいかがなものか?とも思うが、やはりここで“立場”の違いが出てくるし、会社によりけりだ。
(戒めるかどうかは会社が決めること。)
本人の意識が変わらないか、周囲の状況が激しく変わらない限り、もうムリな話なのだろう。

少なくとも遅刻は、“良い”はずはない。
だがむしろ、会社にはそれ(遅刻黙認)くらいの余裕があって欲しい、とも思っている。社会人になってまで、何でもギチギチにされるのは“まっぴら”だし、人に迷惑を掛けない範囲であれば、ある程度自由でいいのでは、と。
社員の遅刻は会社の余裕の表れ、と私は割り切って(黙認して)いるのだが・・・人や部署によって、受け止め方も様々だろうな。。。
(管理部署がコレでは、会社が成り立たないだろうし。)

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking



posted by 凡マル at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣/特徴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。