2007年01月11日
派遣先の“事前面接”が解禁される方向で検討されているらしい。
この“事前面接”が禁止されていることについては、正直よく知らなかった(^^ゞ (派遣元に一度は説明されたかな・・・あせあせ(飛び散る汗)

実際は“顔合わせ”などの名目で行われている(よう)だが、派遣先は‘派遣労働者を特定する行為を制限’されている。
派遣会社本来の力量が重要視される(ハズ)、といったところか。
派遣先のニーズを理解し、それに十分見合った人員を派遣する。
その結果、派遣先・派遣元・派遣社員の三者が皆ハッピーになれればいいのであるが・・・。

派遣社員にだってバックグランドがある。
以前登録した派遣会社では、こちらの“最低限”の希望から離れていく一方で、残念ながら“何てお粗末な・・・”と感じざるを得ないものであった。
無いなら無い、とキッパリ言ってくれた方がよほどありがたい。
そこで流されると・・・結果的に三者が被害者となり得る。

顔合わせ”によって落とされる人は、今でも少なくないのだから、実態は何ら変わらず、表面上の法的緩和がなされるだけか。
「厚労省は・・・派遣労働の問題点を分析し・・・」
しっかりとした分析を望む。

参加中です(^^ 人気blogランキングFC2 Blog Ranking



posted by 凡マル at 22:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 派遣/再就職まで
この記事へのコメント
この法改定自体が、企業からの圧力に
よるものですからね。
働く人の為になるのか、ならないのか…

法律を作っている人て、サラリーマン、OLの経験がない方が多いので、偏った法律になるのかもしれませんね。
労働者の声を取り入れていたら、こんな法改定はできないと思います。
Posted by ひまわり at 2007年01月12日 17:10
法を作る(改定する)人と、実際に関わる人との隔たりは・・・
何にしてもかなりありますよね(泣)
形式的な分析ではなく、同じ土俵かもっと下(笑)まで、一度
降りてきて欲しいものです。
Posted by 凡マル>ひまわりさん at 2007年01月12日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。