2009年02月03日
厚生労働省のサイトに、タイトルの特別手当に関するお知らせが載っている。現在の厳しい経済情勢を背景とした緊急措置として、第2子以降で、平成14年4月2日〜平成17年4月1日までの間に生まれた子供が支給対象とのこと。


知らなかった(^^; (職場の人が教えてくれた。)
我が家では・・・miが支給対象となるようだ。
2月1日時点における住民基本台帳上の住所地が基準ということで、そろそろ市からお知らせが来るのだろうか?

posted by 凡マル at 18:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供たち
この記事へのコメント
知りませんでした。うちは該当者ナシ(~△~;)
日本の補助は子供が小さい頃ばかりだが、実はお金がかかるのは小学生以降。なのにその頃は補助がないばかりか、他国に比べてかなり高い教育費がかかり、おかしい。と先日ある雑誌で読みました。
この不況で進学をあきらめたり変更する子供もいるそうだし、なんでそういう人を助けてあげないのかな〜。日本のお役人ってもしかしてバカなのかな?と思っちゃいます。

あぁ、でも素直にもらえて羨ましいです(⌒ ⌒;
Posted by よつば at 2009年02月17日 08:59
定額給付金と同じく、給付時期は未定のようです。(関連法案を国会でまだ審議中?)
うちのmiと、1つ下のチビコちゃんがちょうど境界線となってしまいましたね〜(*_*;
少子化対策=小さい子の補助、というのは確かに(長い目でみたら)短絡的と言えるでしょう。。
教育費は、(特に習い事とかしなければ)小学生の内がいちばん楽ですね。2年後が恐ろしいです。(おやみどみどちゃんも・・・ ^^;)
Posted by 凡マル>よつばさん at 2009年02月17日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113621455
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。